おふとーくんの日記

私が最近趣味としている小説のことや、私の日常をそのまま書いていこうかと思いますので、興味を持たれた方は読んでいただけると幸いです。

時間の使いよう。死は誰もが通る道。

皆様こんばんは。


おふとーくんです。




面白い!小説が面白い!


されど私が持っている書籍は、漫画かなぜ持っているのか、古い本。

それと画集等で、書籍小説は三冊しかありません。


最近この時間は3:30くらいまでスマホの画面を見つめています。


電子書籍、というのでしょうか。それを読んでいます。


面白い物語は文字通り読むのが止まらない。


たまらなく時間が惜しい、仕事の時間も惜しいくらいです。(殴


しかし実際時間をほとんどそれにとられています思うように行動できないのが歯痒い思いです。


なので8月くらいからまた行動しようと思います。

一度自殺ミスって心死んだ身、楽観的で助かります。それが仇となっている部分が6割強ありますけどね。


少々余裕もできたので、金を使って数年の時間を買おうと思います。


もはや博打ですね。

勝率一割あれば十分すぎる。私は器用ではありませんので、


でも結果早く滅んで死んだとしても大して問題では無いのです。


死は平等で絶対やってきますからね。

それが早まるかもしれないだけのこと。


最近思うのが、十年も一ヶ月も一週間も、動かなければ全くもって同じなんじゃ無いかと、そんな気がします。

呆れるほど楽観的で、自分自身の事でも他人事。

万事興味無し。最近の若者ってやつでしょうか?


失うものが何も無い紙切れはひらひらと舞っていますよ。それがいつ飛ぶか燃えるかにも興味はありません。


しかし最近興味があるのはお話と小説。

この興味こそ私の感じる生きる意味。

今幸福なのが、興味が途絶えていないところです。


建築から小説へ、


きっとこの興味ってやつが途絶え、再度付着しなかった場合が私の死です。


当たり前なんですよねきっと。皆さんもそうでしょう。わかりませんが、


やってやりましょうぜ行動を。


後一ヶ月くらい先ですがね。



それではまた٩( 'ω' )و