おふとーくんの日記

私が最近趣味としている小説のことや、私の日常をそのまま書いていこうかと思いますので、興味を持たれた方は読んでいただけると幸いです。

心のお話


皆さんこんばんは。


おふとーくんです。


自分自身の事が理解できますか?

私は私の範囲でしています。

きっとそれは壊れていない限り皆がそうです。


ここで一つお話を。



1人純粋で、いい心とも悪い心にもどちらにも行ける子供がいました。


子供は愛を尊敬し、憧れて一番好きでした。

子供にとっての愛は両親からの愛。

ずっとそれを受けてきて、愛共に両親を最愛に思っています。


子供は周りを見渡しました。


何かが違ったようです。


痛くても笑われても何を言われても多少飢えても家にいさせてくれた、それが子供にとっての愛でしたが、周りをみると、なぜだか周りが憎くなってきました。


子供が最初に奪ったものは友達としていた人が持っていた置物でした。


子供は奪う事を覚えて成長し、多くのものを奪うなか、子供は恩と情を知りました。


成長した子供は、今最大の恩人を殺そうと考えています。

何も知らない恩人は、普段言わないような優しい言葉をかけました。


子供は困ってしまいます。

悪魔にとっての最大の天敵は優しさです。


子供は困ってしまいました。




あなたがこの子だったらどうしますか?



それではまた٩( 'ω' )و