おふとーくんの日記

私が最近趣味としている小説のことや、私の日常をそのまま書いていこうかと思いますので、興味を持たれた方は読んでいただけると幸いです。

食事の幸福


皆様お疲れ様です。


おふとーくんです。


以前、考えようでは気上昇降下、幸不幸は±0という考えがあったような事を書いた気がします。


苦労して成し遂げた時、その時感じるものは濃く、苦労しず成し遂げた時の喜びは薄い。

実際は変わらない。


もちろんこれは成果でたやすく左右される事ですが、こうなる事が多いそうですね。


幸福とは何か、幸せとは何か

それは人それぞれ違いますね。


私はスーパーで買い物をし、食事を作りそれを食べることには堪らないほど幸せを感じます。

食事は私にとっては絶対の幸せです。

コンビニ弁当でもこれは得られます。

ただ、時間にゆとりがある事でできる『調理』を付け足したら、私の心は皿の中にあります。

これはさっきの苦労して成すに少し当てはまるのですかね。苦労は感じませんが、自ら食材を調理し、好みの味をつけ、まるでその食を支配しているような感覚はなんとも言えない。

それに付け加えて、調理ができる時間というゆとりは優雅で素敵です。


皆様は何に幸せを感じますか?


癖や性がなければ幸せが無くなりそうで恐ろしい。それが砦のように感じます。


知れば知るほど高みへ行きたいとは人の業ですね、美味しい食べ物を食べた。前食べて美味しいと感じたものがそうでもなくなった。


とても悲しい事です。


私は性のおかげで、食べ物を下すことが今のところはありません。

残す事に過剰に反応してしまうのは社会的に困りますが、実際許せない事です。

例え密猟や動物虐殺を非難しなくともそれはあり得ない。動物を処理してもそれをうまく使ってやればいいんですけどね、食べれるものを棄てるだなんて、餓死者がかわいそう。


腐りかけの食材でも愛おしい、腐敗臭は不快ですが、そもそも腐らせたものが絶対的悪であり、それを棄てるものがいるならば、自身を食材とするべきですね。

その愚か者は私で、夏の暑さを舐めて肉を腐らせました。臭いはきついのですが、調理して全ていただきました。昔を思い出す味でした。

鶏よ、いい状態で食ってやれなくて悪かったね、

でも全部食ってやるから安心してね。という感じです。

皆さんは食材を腐らせないように気をつけてくださいね。


それではまた٩( 'ω' )و